18kの時計の手入れ方法は?

18kの時計はその上質な素材から高級感を漂わせ、多くの人々に愛されています。しかし、長期間使用すると汚れや傷が付着することがあります。適切な手入れを行うことで、18kの時計 スーパーコピーを輝かせ続けることができます。この記事では、18kの時計の手入れ方法について詳しく解説します。

18kの時計の特徴

18kの時計は、18金と呼ばれる高純度の金と他の金属との合金から作られています。そのため、18kの時計は非常に高い耐久性と美しい輝きを持っています。18kの時計の主な特徴は以下の通りです。

  1. 高い純度:18kの時計は純金が含まれるため、約75%が金で構成されています。
  2. 豊かな色:18kの時計は純金の黄色と他の金属の色合いから様々な色調を持っています。
  3. 耐久性:18kの時計は純金の柔らかさを他の金属が補うため、傷つきにくくなっています。

18kの時計の手入れ方法

18kの時計を輝かせるためには、以下の手入れ方法を守りましょう。

  1. 乾いた布で拭く:18kの時計を使用した後は乾いた柔らかい布で優しく拭きます。汗や汚れをこまめに拭き取ることで輝きを保ちます。
  2. 中性洗剤を使う:頑固な汚れが付着している場合は、中性洗剤を薄めた水溶液を使って拭き取ります。強い洗剤や研磨剤は避けましょう。
  3. 水洗い:中性洗剤を使った後は必ず水洗いし、洗剤が残らないようにします。
  4. 乾燥させる:水洗い後は乾燥させますが、直射日光を避けるようにしてください。

注意点と保管方法

18kの時計を手入れする際には以下の注意点を守ってください。

    1. 強い衝撃を避ける:18kの時計は高級素材であるため、強い衝撃や落下には十分注意してください。
    2. 水に濡れないようにする:18kの時計は耐水性がある場合もありますが、長期間の水に濡れることは避けてください。
    3. 専用のクロスを使う:時計を磨く際には専用のクロスを使うと、キズがつきにくくなります。

18kの時計は適切な手入れと注意深い取り扱いをすることで、長い間美しい状態を保つことができます。

揺るぎない存在感を漂わすカルティエの名品時計「ベニュワール」2選

ケース、文字盤、ともに柔らかな曲線美をまとったオーバルウォッチ。この独特のデザインは、審美眼をもつ女性にしか着用を許されない特別なオーラを放っています。今回は短期シリーズで、ラグジュアリーの真髄を知る名門3ブランドから、そんなオーバルのフォルム美を携えた時計をセレクト。本記事では、カルティエ(Cartier)の「ベニュワール」にスポットを当てます。1912年に誕生して以来、時を見据え、ここぞ!というタイミングになれば、新たな衝撃を与えてきた本コレクション。そのデザインは、基本となるオーバルスタイルを押さえながらも、斬新。エレガンスを知り尽くした“時”の女性たちを魅了します。

まとう人をミューズへと導く「ベニュワール」の華麗なフォルム
オーバルシェイプの時計は、エレガントなシーンやファッションに映える独特な曲線美が特徴です。同時に、着用することで、ワンランク上の女性へと引き上げる不思議なパワーを持っています。

そんなオーバルケースの時計を、ラグジュアリーを極めたブランドからピックアップ。時代を敏感に感じ取り、新しさをデザインへ注ぎ込んで仕上げた秀逸なウォッチを、短期シリーズでご紹介します。本記事では、カルティエ 時計 中古(Cartier)の「ベニュワール」に注目しました。

まるでオブジェとも評されるコレクション「ベニュワール」は、1912年、創業者の孫にあたるルイ・カルティエが伝統的なラウンドフォルムを研究し、その形を引き伸ばすというアイデアによって生み出したデザイン。並行する2本の直線がつながる曲線という、今も生かされ続けるフォルムです。

1958年になり、現在でも採用されるオーバルシェイプが完成しました。「カルティエ」のクリエーションが発揮されたアップデートというべきでしょうか。わずかに湾曲した文字盤に合わせるようにデザイン化されたローマ数字。縁飾りのように丸みを活かしたベゼルが施されています。リューズには煌めく貴石が配され、絶妙な存在感を携えています。

この端正なバランス感をもつ美しさに惹きつけられていったセレブリティも、驚かされる人ばかりが名を連ねます。カトリーヌ・ドヌーヴ、ロミー・シュナイダー、ジャンヌ・モローなどなど。

抜群のセンス、教養、美しさと品格のある佇まい、自由さとウィットをもって物事をとらえる女性たちが愛用しています。彼女たちの手元に配された「ベニュワール」は、さりげなく、それでいてジュエリーの役目も担っているようにも見えます。

2019年、「ベニュワール」は更なる進化を遂げます。従来のデザインを保ちつつ、ストラップは細く、シルバー仕上げなどの上に刻印されたローマ数字、ケースのボリュームに合わせたケースバック、30m防水など、求められるものに応えた現在の品質水準となりました。美的遺産を継承しつつ、官能的な美しさを湛えるタイムピースは、女性たちをさらなる高みへと導いてくれる逸品です。

■1:歩んできた歴史を表す永遠のシグネチャー

「ベニュワール」ウォッチ¥1,164,000 ●ケース:イエローゴールド ●ケースサイズ:縦32㎜×横26㎜ ●ダイヤル:シルバー仕上げ ●ストラップ:アリゲーター ●ムーブメント:クォーツ (C)Cartier
一見、ぽってりとボリュームのある印象を受けますが、着用すると心地よいほど腕に馴染み、エレガントな印象をもたらします。デビューから現在までの歴史を全部、感受したような「ベニュワール」。計算し尽くされたバランス美が満載のウォッチです。

オーバルのケースと合わせるように文字盤がやや湾曲し、ローマ数字もわずかにデフォルメされて。この細やかな心くばりをデザインに反映する…ここに歴史あるメゾンの矜持を感じずにはいられません。

アリゲーターストラップに採用されたトープカラーは、プレシャス世代の女性が愛用する服にベストマッチ。イエローゴールドのケースとも馴染みます。なにより、デイリーユースで時計選びに困らないこと。これも腕時計選びのキーポイントです。

■2:眩いほどの輝きを放つ小ぶりなケースサイズ

「ベニュワール」ウォッチ¥2,052,000 ※日本限定 ●ケース:ホワイトゴールド×ダイヤモンド ●ケースサイズ:縦25.3㎜×幅20.79㎜ ●ダイヤル:サンレイ仕上げ ●ストラップ:ファブリック ●ムーブメント:クオーツ Photo 2000 (C)Cartier
2011年に日本女性のために発売され、今も高い人気を博している限定モデル。時計スーパーコピーホワイトゴールドのベゼルに連なる42個のダイヤモンド、リューズにもブリリアントカットのダイヤモンドが配され、小ぶりながら抜群の煌めきを放ちます。

文字盤の中心から光が放たれるように施されたサンレイ仕上げは、華やぎと同時に時間の見やすさを考慮したもの。艶やかに焼き込んだブルースチール針とともに美しいハーモニーを奏でます。

黒にも近いダークグレーのファブリックストラップは、あらたまったシーンやドレスアップスタイルにも似合う上質な素材感です。