Louis Vuitton ミラボー・ミュールサンダル 1A4UA2

安心送料関税込! Louis Vuitton ミラボー・ミュールサンダル 1A4UA2

カラー:グレー(光の関係やモニターの種類により、写真と実物のイメージが多少異なることがございます。ご了承ください)

ブランドサイズガイド参考 (サイズ表はあくまでも目安です)

ヴィトンサイズ(イギリス)- 日本サイズ

4 – 23.5
4.5 -24
5 – 24.5
5.5 – 25
6 – 25
6.5 – 25.5
7 – 26
7.5 – 26.5
8 – 27
8.5 – 27.5
9 – 28
9.5 – 28.5
10 – 28.5
10.5 – 29
11 – 29.5
11.5 – 30
12 – 30.5
12.5 – 31
13 – 31.5
13.5 – 31.5
14 – 32

1854年、荷作り用木箱製造兼荷作職人であったルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が世界最初の旅行鞄のアトリエ「ルイ・ヴィトン」を設立。

ルイ・ヴィトンについて
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)はフランスのラグジュアリーブランド。

創業者のルイ・ヴィトンは1821年、スイスとの国境に近いジュラ山脈アンシェイ村で生まれる。家業は粉屋。1835年に養母と折り合わず家出。働きながら旅を続ける。パリまでくるとルイは荷造り用木箱製造兼荷造り職人の見習いとなる。

輸送機関の発展、成長に注目し、従来の蓋の丸いトランクから、積み上げることが簡単な平らな蓋を持つトランクを考案。革より軽い防水加工を施したグレーの無地コットン素材「グリ・トリアノン・キャンバス」を使用して作ったトランクは評判となり、ナポレオン3世の皇妃ユージェニーが、旅行用衣装ケースとして発注し、名声を得る。

1896年、コピー商品対策として、世界で最初にモノグラム柄をアイテムに取り入れる。この2代目のジョルジョ・ヴィトンが考案したモノグラムは、「L」を「V」と花と星を組み合わせたもので、当時流行していたジャポニズムの影響下にあったヨーロッパで、ジョルジュが日本の家紋などからインスピレーションを受けて生まれたといわれている。

新潟県のファッション情報

エトロ2019年秋冬新作「ペガソバッグ」が登場。

エトロ新作「ペガソバッグ」”ペガサス”バックル×ペイズリー柄ボディのクロスボディバッグ

エトロ(ETRO)の2019年秋冬コレクションから、新作「ペガソバッグ」が登場。

スモール(22.5x17x6.5cm) 177,000円+税

エトロ 2019年秋冬コレクションのランウェイで発表された「ペガソバッグ」は、ブランドを象徴する80年代スタイルを再構築した新作クロスボディバッグ。ネーミングは1968年からエトロのシンボルとなっているギリシャ神話に登場する羽根のついた馬“ペガサス”からインスピレーションを得ている。

ミニ(18×15.5×3.5cm) 148,000円+税

最大の特徴は”ペガサス”を象ったメタルバックル。丸みのある半月型のボディには、ブランドのアイコニックなペイズリー織り“アルニカ”を採用した。レザーストラップに施したエンボスロゴなどのディテールに、エトロならではのクラフツマンシップも感じさせる。

日本展開されるのはスモール、ミニの2サイズ。カラーはアルニカ×ブラウン、アルニカ×バーガンディーなどを取り揃える。

【詳細】
エトロ「ペガソバッグ」
発売時期:2019年6月中旬
・スモール(22.5x17x6.5cm) 177,000円+税
・ミニ(18×15.5×3.5cm) 148,000円+税
カラー:アルニカ×ブラウン、アルニカ×バーカンディ

■ソリッドタイプ(22.5x17x6.5cm) 186,000円+税
カラー:ブラック、ピンクの2色。

【問い合わせ先】

セイコー クレドール45周年記念イベント

クレドール45周年記念イベント「ようこそ、黄金の時間へ。」6月開催

クレドールの誕生45周年を記念して、2019年6月13日(木)から18日(火)までブランドの世界観を発信するイベントが開催される。今回のイベントでは、「黄金の時間」をテーマに、45周年のブランドのヘリテージを踏まえながら、そのラグジュアリーで華やかなブランドの世界を体感していただける空間が、東京・表参道に出現する。

<クレドール>は、1974年にセイコーにおける高級ドレスウオッチブランドとして誕生して以来、一貫して「装(そう)の美」を追求し続けている国産最高峰のラグジュアリーブランドだ。フランス語で「黄金の頂き(CRÊTE D’OR)」を意味するブランド名にふさわしく、日本の名工の技能と叡智を結集し、細部まで贅を尽くした美しい時計作りを継承している。
会場では、45周年を記念した最新の限定2モデルが展示される。バーゼルワールド2019にて発表された立体彫金懐中時計では、「生命の樹」をデザインテーマに、現代の名工・照井 清(てるい きよし)が多くの時間をかけ、渾身の力を込めて制作した彫金が展示される。

また、江戸時代から伝承される金属工芸技術「木目金(もくめがね)」をダイヤルに施したコラボレーションウオッチをご覧いただくことができる。他にも2億2千万円のジュエリーウオッチを含む貴重な歴代モデルなどの展示を予定している。

■クレドール45周年記念イベント 「ようこそ、黄金の時間へ。」
開催時期:2019年6月13日(木)~18日(火)
11:00 ~ 20:00(最終日は17:00まで)会期中無休
*オープニングパーティ13日(木)18:30 ~20:00
会   場:SIDE
住   所:東京都港区北青山3-6-19(表参道駅より徒歩1分)
入 場 料 :無料
主   催:セイコーウオッチ株式会社
*ご来場の方へオリジナルプレゼントをご用意しています(数に限りがあります)。
*会期中にトークイベントの開催を予定しています。
(左)中山 英之■伊東豊雄建築設計事務所勤務を経て、2007年に中山英之建築設計事務所を設立。2014年より東京藝術大学准教授
(右)湯浅 良介■内藤廣建築設計事務所を経て、2018年Office Yuasa設立。2019年より東京藝術大学助手。
空間演出には、繊細でエレガントなデザインを創出することを得意としている2名の建築家を起用し、「黄金の時間」にちなんだインスタレーションが展開される予定だ。「時」「光と影」「自由」「きらめき」といった、クレドールの創造性と共通するキーワードでのクリエーションとなる。

ユニクロ メンズとキッズのTシャツ、トートバックが登場

ユニクロ「UT」×KAWSのコラボコレクション。メンズとキッズのTシャツ、トートバックが登場

ユニクロ(UNIQLO)のTシャツブランド「UT」から、NYの現代アーティスト「カウズ(KAWS)」とのコラボレーション「カウズ:サマー(KAWS:SUMMER)」を6月7日より発売する。
「カウズ:サマー」は、カウズの初期から現在までの作品の中から自身が厳選した作品を、細部にまでこだわってデザインを施したコラボコレクション。カウズの代表的なキャラクターである「COMPANION」や、青やピンクのボディが印象的な「BFF」、トレードマークともいえる「xx」がさりげなくあしらわれており、カウズの世界観を感じることができる仕上がり。
「KAWS:SUMMER」メンズ(1,500円)

「KAWS:SUMMER」トートバック(1,500円)
メンズ12型(各1,500円)、キッズ6型(各990円)のTシャツに加え、トートバック4型(各1,500円)も展開され、全21型がラインアップする。販売は、全国のユニクロ店舗およびオンラインストアてにて。

ズッカ「MBT(マサイベアフットテクノロジー)」のコラボレーションサンダルが発売された。

ズッカとMBTの機能的コラボサンダル発売

ズッカ(ZUCCa)と、1996年にスイスで誕生した「MBT(マサイベアフットテクノロジー)」のコラボレーションサンダルが発売された。

「MBT」=“マサイの裸足の技術(Masai Barefoot Technology)”の名の通り、腰痛や寝たきりとは無縁なことで知られる東アフリカの半遊牧民マサイの生活に着想を得て、カール・ミュラーが開発した新しいフットウエア。

日本初のコラボレーションとなる今回は、ウィメンズにライトブルー・ブラック・シルバー、メンズにカーキ・ブラックがラインアップ。MBTの軽量一体成型構造のソールに、ズッカオリジナルのフェイクレザーアッパー、サイドに「ZUCCa」ロゴを配したシンプルなデザインだ。

エンダースキーマ 発表したプロダクトを異なるアプローチでリプロダクト

エンダースキーマがレインシューズを発売。定番モデルをリプロダクトする

エンダースキーマ(Hender Scheme)は、今まで発表したプロダクトを異なるアプローチでリプロダクトする「PARALLEL/(パラレル)」コレクションの第2弾として、レインシューズ 「PARALLEL/ FRONT GORE」を発売。5月11日より、直営店のスキマと全国の取り扱い店舗にて展開される。

左がレインシューズ「PARALLEL/ FRONT GORE」(全3種 各18,000円)
右のシューズが、今回発売のレインシューズの原型となる「front gore」(全3種 各52,000円)
今回発売となる「PARALLEL/ FRONT GORE」は、2018年春夏に発表されて以来、定番モデルとなっているスリッポンスタイルのレザーシューズ「front gore」をリプロダクトしたシリーズ。

元々はドレス調のレザーシューズとして革靴の製法で生産されているオリジナルモデル「front gore」をゴム靴の製法で製作。製法と素材を変えることで、今回のレインシューズ「PARALLEL/ FRONT GORE」が誕生した。

シューズのパターン、カラーリングはオリジナルのデザインを再現し、「black」「dark brown」「rainbow」の3色で展開。まるで“レザーシューズのようなレインシューズ”なので、オフィシャルオケージョンや、シックなコーディネートの際のレインシューズとしてもおすすめ。

スキマ 恵比寿、スキマ 合羽橋、スキマ オンラインショップ、エンダースキーマ取扱店舗にて展開。商品詳細、販売店などの問い合わせはスキマ 恵比寿(エンダースキーマ旗艦店 / TEL:03-6447-7448)にて承っている。

もうすぐ到来する梅雨の季節のファッションアイテムとして、ぜひ、チェックしてみて。