日本ロレックスのオーバーホール料金表2023

ロレックスウォッチは、その信頼性と品質で知られており、何十年も愛用されています。

ただし、どんな時計でも定期的なメンテナンスが必要であり、ロレックスも例外ではありません。オーバーホールは、時計の基本的な修理、洗浄、調整を伴う広範なサービスです。このサービスは、時計の寿命を延ばし、その性能を維持するために不可欠です。

オーバーホールの料金

ロレックスのオーバーホールにかかる費用は、モデルやウォッチの複雑さによって異なります。一般的なオーバーホール料金を以下に示します。

  • 機械式モデル: 50,000~100,000円
  • クォーツモデル: 20,000~50,000円

料金には、次のものが含まれます。

  • ムーブメントの分解と洗浄
  • 部品の交換または修理
  • ケースとブレスレットの洗浄と研磨
  • 防水テスト
  • 1~2年間の保証

ロレックスサブマリー偽物ナのオーバーホール

ロレックスサブマリーナは、最も人気の高いロレックスモデルの1つです。その防水性と耐久性で知られています。

ロレックスサブマリーナのオーバーホールにかかる費用は次のとおりです。

  • 機械式モデル: 70,000~120,000円

オーバーホールはいつ必要ですか?

ロレックスは通常、5~7年ごとのオーバーホールをお勧めしています。ただし、時計が頻繁に使用される場合や水にさらされる場合は、より頻繁にオーバーホールが必要になる場合があります。

次の兆候が見られる場合は、オーバーホールが必要になる可能性があります。

  • 時計が遅れたり進んだりする
  • 時計が止まったり、動いたりする
  • 時計に水が漏れている
  • 時計が衝撃にさらされた

正規販売店でオーバーホールを依頼する

ロレックスのオーバーホールは、正規販売店または認定修理業者に依頼することをお勧めします。これにより、時計が適切に修理され、保証されることが保証されます。

ロレックスのオーバーホールの見積もりを希望する場合は、最寄りの正規販売店にご連絡ください。ロレックスの専門家が時計を検査し、必要なサービスと費用を明確にします。

ロレックスウォッチを長持ちさせるために、定期的なオーバーホールが不可欠です。正規販売店または認定修理業者でオーバーホールを依頼することで、時計の性能と価値を維持できます。

長年愛用できるロレックスを求めている方は、ロレックスサブマリーナをご検討ください。

0 thoughts on “日本ロレックスのオーバーホール料金表2023”

  1. 1. 精密時を刻むブライツのクロノグラフ
    2. スポーティかつエレガントなセイコーブライツのクロノグラフ
    3. 高性能でスタイリッシュなブライツのクロノグラフ
    4. 時を制するブライツのクロノグラフ
    5. 躍動感溢れるブライツのクロノグラフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です